できること

ALSになって

出来ない事が増えた私だから

私にしか出来ない事がある

自分が ALS であることを積極的に発信しました。
生きてるんだ。諦めないんだ。と言い続けていると。
私を普通の人間、対等な仕事仲間として接してくれる人たちがいました。
それがどんなに嬉しくて助けになったか。
ALS は体が動かなくなるが、頭は正常なため。

病気が進行すればするほど活動できる範囲は狭まり、一人で考え込む時間が増える。
一人でいると、心が病んでいく。
私には助けてくれる人が周りにいた。
今の私は体が動かないが人と繋がる心はある。
繋がる心で私は生きている。
この繋がりは 私が病気になるまでに育んだもの。
そして病気になってから諦めずに手を伸ばしたから掴めたもの。
人生は繋がっている。
病気になったからといって、途切れるものではない。
コロナによってすごく大変な世の中になってしまったが、
人と人との繋がりは手放してはいけない。
誰と関わるのか、どんなところに身を置いておくのか、またそれまでどんな人生を送っていたか?が大切
あなたはあなたが困っている時助けてくれる人はいますか?
誰かが困ってる時あなたは助けてあげられますか?
苦しくても辛くても一人で諦めてはいけない。
私がここにいます。

体が動かなくなっても、自分で声が出せなくなっても、諦めない男がここにいます。

ALS になって、できないことが増えた私だからこそ、私にしかできないことがある。