不幸

ALSになって不便です。途轍もなく不便です。

ただ絶対に「不幸」では無い。

自分にそう言い聞かせています。

 

長い間病気のことを受け止めきれていませんでした。

ようやく前を向くことができました。

最近までは、落ちて落ちて落ちて落ち込んで。

先に進んでるつもりが下に落ちてるだけで。

何も見えなくなって、動けなくなって。

もう終わりにしてもいいか。

ここを終点にしようか。

そう考えたけど結局死に切れず。

死ねないなら生きるしかないなあ。

 

下に落ちてた顔を上げたら

 

 

妻と子供たちがいました。

 

 

生きる理由がありました。

 

 

子供たちへ何か残したい。

 

 

妻を幸せにしたい。

 

 

父親として。

 

 

夫として。

 

 

人間として。